雪丹が哲学ノートを晒しますの巻

哲学ノートや内省の記や雑感などをさらしていこうと思います。西田幾多郎が好きです。

いわゆるスピリチュアルというものについて

http://shinjakamo.seesaa.net/article/455957484.html

このページにあるようなものが実態ならば、なるほどいわゆるスピリチュアルの業界は色々と問題があるものと言わねばならない。スピリチュアルというのは意見発信の一形態と見ることもできるであろう。本来こういう精神的な運動というのは、あくまでも批判的精神が根幹になければならないものであるはずである。例えば批評や哲学の精神というものを考えてみればよくわかることである。

こういう告発を勇気を持って、身体を張って行うことができるような精神を、真にスピリチュアルな精神と言うのではなかろうか。私は大いに敬意を表したい。

まあでも、とにかく、ここでは問題のあるらしき例を一つ挙げるというのだけに止めて、一般論については次に語ることとしよう。